冬の布団乾燥について

冬の布団の乾燥について、いかがお考えでしょうか。春や夏など、汗をかく時期だと天日干しやクリーニングなどを利用して、清潔に保とうとするでしょう。感想を使用と思う時でいえば、わかりやすいところで、汚れや臭いを感じた時でしょう。人間は一晩寝るだけでコップ一杯の汗をかいていると言われています。夏の季節はさらに多くなりますが、約200ml~400mlくらいです。実は乾燥しない状態のままで放置すると、湿気が溜まり、布団にカビが繁殖することもあります。

起床後、意外にもやりがちなことは掛け布団をはがさずにする場合があります。寒い冬は布団から出る際に、少しでも寒い思いをしないように行動してしまい、そのまま起床することが多いかと思います。ですから、それを少しでも防ぐためにも、布団をはがし、露出させて、湿気を飛ばすことが冬場で出来る最も簡単なことです。できることなら週に1,2回天日での乾燥が望ましいです。ちなみに干すに適している時間はどの時間でしょうか。それは主に午前10時から午後3時が望ましいといえます。その根拠は外気の湿気が低い時間であるからです。その理想の状況で干すことができれば、十分な乾燥ができるとと思います。冬場での乾燥は雪国では難しい場合があります。その時に利用をお勧めするのが、コインランドリーです。最近のコインランドリーは大型の乾燥器が設置されていることがあり、そのまま入れて乾燥させることができるのです。

設定する時間によりますが、天日で乾燥するより短時間で、かつ高温で乾燥することができるので、雪国で天日干しができない人や時間がない人、さらには花粉症などそれ自体を天日干しできない人にもおすすめです。乾燥すれば、就寝時において暖かくして眠ることができます。それは布団自体が湿気を持っていないため、床につく際の冷たいという感じがなくなるからです。肌触りがいいこともありますし、熟睡できることでしょう。人は人生のうち3分の1寝ていると言われています。したがって、質の良い睡眠が残りに3分の2へと活かすことができるといえます。したがって、質の良い睡眠がとれなければ、支障をきたすことになります。つまりは干す行為が非常に必要となります。ですから、布団の乾燥という一見忘れがちな、ひと手間で生活に多くの貢献ができます。寝る動物と言われる人間で必要なものを冬という季節でも快適につかうことができれば、これに越したことがないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*